TICADに関わる市民社会のこれまでの取り組み

 

TICAD I(1993) 

TICADは、閣僚級間の「外交上の会議」として位置づけられ、NGOの会議への参加は認められていませんでした。そうしたなかで、会議にアフリカと日本の市民社会の声を反映させるため、日本の市民社会はアフリカNGOをゲストに迎え意見を聞く「アフリカシンポジウム」を開催。直前にアフリカや欧米、日本の市民社会のオブザーバー参加が認められ、シンポジウムで討議された内容をTICAD本会議に提言しました。また、これを機にアフリカ日本協議会が設立されました。


TICAD II (1998)

TICAD I への市民社会の動きを受けて、1998年の日本のNGOと市民によるキャンペーン・グループ「ACT (Action Civile pour TICAD II/TICAD IIに向けた市民行動)」が結成されました(事務局:(社)アフリカ協会)。

TICAD III (2003)

旧ACTのメンバーが中心となり、「ACT2003 (Action Civile pour TICAD III)」を結成。公式文書にアフリカの人々の声を反映させることを目標に、会議の準備プロセスから積極的に関わり、外務省と協議会を開いたり、準備会合に参加したりなどの働きかけを行う目的がありました。実際に、TICADへの提言書を提出し、国内外NGOを招聘しシンポジウムや討論会を開催しました。

 

TICAD IV(2008)

ACT2003の後、2004年にNGO組織、(特活)TICAD市民社会フォーラム(TCSF)が発足。2007年3月には、日本のNGO間の情報共有や連絡調整を行い、TICAD IVへ政策的に働きかける目的に、日本のアフリカ関係NGOの連合であるTICAD IV NGO ネットワーク(TNnet) が発足しました(事務局:TCSF)。

TCSF:公式ウェブサイトはこちら

TNnet:公式ウェブサイトはこちら

 TICAD IVフォローアップ会合(2009-2012)

TICAD IVで採択された「横浜行動計画」の実施状況のモニタリング報告を取りまとめるため、年に一度アフリカ各地で会合を開くことになりました。アフリカと日本の市民社会も毎年参加し、アフリカ市民協議会(CCfA)の組織体制整備の契機となりました。

 

2009 ボツワナ・ハボロネ

2010 タンザニア・アルーシャ

2011 セネガル・ダカール

2012 モロッコ・マラケシュ

 

★詳しくはこちら⇒ ー外務省 市民参加